体調や症状などの紹介

体調や症状などの紹介記事一覧

腎臓病については、尿細管または腎臓の糸球体が害されることで、腎臓自体の機能が衰える病気だと言われています。腎臓病には多種多様な種類があって、もちろん起因ファクターや症状の現れ方が異なるそうです。バセドウ病の治療をしている方の90%余りが女性の人で、40〜50歳代の方に良く認められる病気だということと、手足が冷たくなることから、更年期障害だと診断されてしまうことが結構ある病気なのです。ノロウイルスに...

従来なら成人病とも呼称されていた糖尿病ないしは高血圧などの既往症を持っていたりすると、そのことが引き金となり脳卒中に罹患してしまうこともあると聞きました。我々の25%と公表されている肥満も一緒です。大勢の女性のみなさんが頭痛の種になっているのが片頭痛なんだそうです。消すことができない痛みは、心臓の鼓動に呼応するように到来することが少なくなく、5時間から3日ほど持続するのが特徴だと言われます。筋肉が...

単純な風邪だとスルーして、酷い気管支炎に罹ってしまう場合も多々あり、高齢者の場合、気管支炎から進展した肺炎により死んでしまうケースが、死因の第3位にランクされているわけです。糖尿病の影響で高血糖状況が恢復しないという方は、至急ちゃんとした血糖コントロールを実施することが必須です。血糖値が正常値に戻れば、糖分も尿に出ることはなくなります。痒みは皮膚の炎症などにより出るものですが、精神面も影響し、気に...

甲状腺に関連した疾病は、男女の罹患率に大差があり、女性からしたら、バセドウ病などは男の人の5倍だと報告されています。そういった背景から、甲状腺眼症という疾病も女の人に気に掛けていただきたい疾病ではないでしょうか?膠原病が女性の方々に多く目につくのは、女性ホルモンと関係があるからだそうです。ではありますが、男の人が発症する事例が圧倒的であるという膠原病もあるそうです。高血圧だったとしても、自覚症状を...

胃がんに罹ると、みぞおち近辺に鈍痛が出ることが多いと言われています。概してがんは、初期段階では症状が確認できないことが通例ですから、健康だと思い込んでいる人が多数いるわけです。睡眠障害に関しては、睡眠にかかわる病気全部を色々と示す文言で、夜中の睡眠が害されてしまうもの、日中に目が重くなるものも含みます。心臓などに決定的な難題が見当たらない時でも、胸痛が現れることがあり、「胸痛=死」という想いから、...

腹部周辺がパンパンになるのは、主として便秘や腹部にガスが蓄積されるからなのです。こういった症状がもたらされる元凶は、胃腸が機能低下を起こしているからだと推定されます。喘息と言いますと、子どもに生じる病気というイメージを持っているかもしれませんが、現在では、20歳を大きく超えた後に発現する例が結構見受けられ、30年前と比べれば、驚くなかれ3倍までになっているわけです。何が虫垂炎の起因になるのかは、今...

立ちくらみと言いますと、どうかすると、倒れ込んでしまうこともあり得る深刻な症状だと言われます。いつも起きるというなら、マズイ疾病に蝕まれている可能性もあるはずです。うつ病に罹患しているのか否かは、それ程簡単にはわからないのが普通です。今だけの心的な落ち込みや、過労が原因の「何もしたくない病」だけで、うつ病だと判別することは無理ではないでしょうか!?腹が張るのは、ほとんどの場合便秘か、もしくは腹部内...

バセドウ病の治療をしている方の90%余りが女性の人で、50代に差し掛かる人に降りかかる病気であるということと、急に手足が冷えるようになったことから、更年期障害だと誤診されることが多々ある病気なのです。急性腎不全につきましては、最良の治療をして、腎臓の機能を減衰させた原因となるものを克服することが叶うのであれば、腎臓の機能も復元することが期待できます。ちょっと前までは成人病とも呼ばれていた糖尿病ない...

ALSというと、筋萎縮性側索硬化症のことです。なぜそうなるのかは明らかではありませんが、発症する年齢から推測すると、神経にまつわる組織の老化が影響してる可能性が少なくないと言われる方が多数派です。疲労と言いますと、痛みと発熱を足して、人の三大警報等と比喩され、数々の病気で目にする病状です。そんなわけで、疲労感がすごい病気は、数え切れないほどあると言われます。女性ホルモンと言うのは、骨密度を保持する...

闇雲に下痢を抑えると、体にウイルスないしは細菌が残存し、もっと酷い状況になったり長期間続いたりするのと同様に、本当のことを言うと、咳はそのままにしておいた方が良いと言われています。喘息と申しますと、子ども限定の病気であるという考え方が大半ですが、最近は、成人してから発症するケースが多々あり、30年前と対比させてみると、驚いてしまいますが3倍に増えています。ウイルスの立場からすれば、寒い時節は最高の...

発見の時期が遅くなればなるほど、死んでしまう確率が高くなってしまう肺がんのナンバーワンのデンジャラスファクターはたばこで、タバコを止められない人が肺がんに陥る可能性は、煙草を嫌う人と対比して10〜20倍とのことです。脳卒中と言いますのは、脳に存在する血管が血栓などで詰まったり、それが原因で裂けたりする疾病の総称であります。数種類に区分できますが、断トツにその数が多いのが脳梗塞らしいです。蓄膿症の疑...